62575 normal 1499135847 19451705 1634659249934172 1564480668 o

モノカキモノ会議 「ネルソン水嶋の『絶対になってはいけない(でもなってほしい)海外在住ライター話』」

2017-08-18(金)19:30 - 21:30

TAM COWORKING OSAKA

大阪市北区末広町3-7

Akimitsu Shimizu 寺川 千晶 宮田 大 Shinsuke Nakamura 西道紗恵 Kano Hiroaki 爲廣 慎二 Saigiorno Takecini Yoshimura Tomoki 吉川信幸 Takuya  Kishimoto Yui Nishida + 9人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い
飲み物付き(お酒とソフトドリンク)

広告コピーを書くひと、エディトリアルに携わるひと、Webライティングをするひと、ソーシャルな課題を伝えるひと……。『仕事の中心に「言葉」を置くひとたちの集まる場所をつくりたい』、そんな思いではじめたのが『モノカキモノ会議』です。
第6回目のゲストは単身ベトナムへ渡り、ベトナム紹介ウェブメディア「べとまる」を立ち上げ、数々の賞を獲得するまでに育て上げたネルソン水嶋さん。「ならざるを得ないという状況でもない限り、わざわざ海外へ行ってライターをやろうなんざ、ほとんど勝ち目のない博打です」と語るネルソン水嶋さんが成功をつかんだ理由とは?さらに、海外在住ライターとしての本音話、ウェブメディアを企画・運営する秘訣などをたっぷりお話いただく予定です。どうぞお楽しみに!



【内 容】
現地からベトナムの魅力を紹介するウェブメディア「べとまる」は「livedoor Blog 第3期ブログ奨学生 選出」「デイリーポータルZ新人賞2014 最優秀賞」などを獲得。ウェブサイトの人気とともに、運営・執筆をこなすネルソン水嶋さんご自身も知名度を高め、国内外のメディアで活躍の場を広げていらっしゃいます。

今回はそんなネルソン水嶋さんをゲストに招いて、海外在住ライターとして生きるための苦労やヒント、ウェブメディアを立ち上げ、育て上げる工夫、読まれる記事と読まれない記事の差、そしてウェブライターの今後の在り方などを余すことなくお話いただきます。

ベトナム在住のネルソン水嶋さんと直接会って話せるまたとない機会。皆さまのお越しをお待ちしています!

終了後は同じスペースで懇親会も開催しますので、合わせてご参加ください。



【profile】
ゲスト:ネルソン水嶋さん

1984年生まれの33歳、大阪の京橋出身(ええとこだっせ)。学生時代は広告クリエイターに憧れて宣伝会議コピーライター養成講座などの広告塾へ通ったが、なぜか東京でエンジニアになってしまい、なぜかベトナムでライターになってしまった。2011年末からベトナムのホーチミン市に住み始めて今年で6年目。ベトナムや海外に関わる、サイトの運営・編集、記事の寄稿、ツアーの企画を中心に行っている。

→ベトナム紹介サイト「べとまる」
http://www.vietmaru.com/

→Twitterアカウント
https://twitter.com/nelson_mzsm



【参加条件】

基本的にはコピーライター、ウェブライター、雑誌編集者、ローカルライターが対象ですが、クライアントワークでディレクター、プランナーなどをされている方も可



▶︎モノカキモノ会議
http://monokakimono.jp/


▶︎主催:TAM
http://www.tam-tam.co.jp/


▶︎これまでのレポート
「SNSを使ってコピーライターとして生きていく方法(長谷川哲士さん)」(2017年2月22日開催)
http://monokakimono.jp/report170222/‎

「中 (の人の) 中 −公式ツイッターで考えた、ことばとか広告のゆるくない話−(山本隆博さん)」(2016年12月2日開催)
http://monokakimono.jp/report161202/

「広告と映画。二足のわらじで生きてきた(吉川信幸さん)」(2016年8月31日開催)
http://monokakimono.jp/report160831/

「田中有史さんに怒られるふたり(田中有史さん/山中貴裕さん)」(2016年5月25日開催)
http://monokakimono.jp/report1/

コミュニティについて
モノカキモノ会議

モノカキモノ会議

広告コピーを考える人、雑誌編集に携わる人、 Webの企画をつくる人、地域課題に取り組む人……。 「ライター」と言ってもその守備範囲は人によって大きく異なりますが、 まずは「モノを書く」ということを仕事のベースにしている人たちが 集まり、情報を渡しあえる場所をつくりたいなと思い、 「モノカキモノ会議」というものを立ち上げることにしました。 http://monokakimono.jp/

コミュニティに参加